LOGO

HOME > PRODUCT > WeGuardia™ XTM

Multi-Core based integrated high-performance
security solution

IPv6ベースのCC認証装置

韓国、最大のパフォーマンス暗号化通信

マルチコア(Multi-Core)をベースに開発された拡張統合脅威管理(unified threat management)製品にフューチャーシステムのみのコア分散処理方法を適用してマルチコア環境に最適なハイブリッド型のソフトウェア·フレームワークであるFOHSAM(Future Optimum Hybird Software Architecture for Multicore environment)を独自開発して統合セキュリティの装備の性能限界を克服、IPS、Firewall、VPN(IPSec、SSL)、Anti Virus / Spam / Spyware、DDoS、WAFなどのすべてのセキュリティ機能を同時に使用して、優れた性能を発揮します。

WeGuardia™ XTM

01 ファイアウォール初のIPv6 CC認証

1997年から現在までの情報通信部、ETRI、韓国電算院などIPv6関連技術を開発した豊富な経験と技術で韓国初IPv6モジュールを搭載して国家情報院CC認証獲得

TTA IPv6 Verified認証を使用してIPv6の適合性と相互運用性の検証完了

02 QOS機能

IPSec適用パケットに対してもQoSの適用

QoSのTXキューを階層的構造で適用、アイドル状態のキューの資源を借りて使用する共有機能を提供

最大帯域幅を設定して、トラフィックの制限機能を提供

最小帯域幅を設定して、重要な業務トラフィックの保証機能を提供

03 IDベースのフィルタリング

802.1n普及、Mobile環境、IPv6の導入で、ネットワーク環境に依存していたアクセス制御をRadius、LDAPと連動したユーザーに基づいてセキュリティポリシーを策定してセキュリティを強化

04 VLANフィルタリング

ネットワークの運用利便性のためにVLANごとにポリシーを設定することができ、ポリシー管理の直観性と効率性の向上

05 アプリケーション別パターンのグループ特化

アプリケーションおよびサービスに合わせてパターンを細分化することができ、同じパターンへの対応アクションもサービスに応じて指定可能

WeGuardia™ XTM

06 Anti-Virus / Anti-Spam

SMTP、POP3、IMAP、FTPなどのプロトコルの検査機能、コードおよびファイルのリアルタイムウイルスやスパイウェア
バックドア、悪意のあるコード、ファイルサイズに応じた分析スキャンと削除

07 DoS, DDoS (Denial of Service)

Traffic Anomalyに基づいて攻撃可否およびシステム環境に応じて自動的にセキュリティポリシールールの作成と削除

TCP / UDP / ICMPなどのプロトコルに関係なく検出および防御機能を提供

08 EPS (End Point Security)

NAC機能を提供

リアルタイムで監視、パーソナルファイアウォール、Host IPS機能を提供

09 性能

CPS - 60万CPS以上

Latency - Average9㎲以下

WeGuardia™ XTM

LOGO

COPYRIGHT